デリヘル

デリヘルのアルバイトで経験したこと

私は20代後半の1年半ほど、デリヘルでアルバイトをした経験があります。
きっかけは稼ぎを増やしたいという理由からでした。
当時、昼間は繁華街のファッション店で店員をしていました。
そこでの給料が安く、ある時ちょっとした大きな買い物をしてしまった分の支払いに充てる目的でアルバイトを始めました。
最初は怖い気持ちを少し持っていましたが、学生時代の友人がしていた時の話を思い出し、慣れれば自分にも出来るだろうという考えもありました。
一番初めに私を指名してくれたお客さんはごく普通のサラリーマンの方でした。
デリヘルで遊ぶのは初めてとのことで、奇遇にも私の初仕事の日に、お互い一緒に初体験をすることになりました。
今考えればこのお客さんには迷惑だったと思ってます。
仕事とはいえ、恋愛感情もない会ってすぐの男性とセックスするなどという経験はこの時が初めてでしたので、体はがちがちに緊張しっぱなしでした。
キスを求められても顔をしかめていたような記憶もあります。
そしてこれといったサービスもしてあげられずに時間が来て終了となりました。
この男性は満足してありがとうと言ってはくれましたが、この時の私は彼に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
その経験を初めとし、辞めるまでの1年半で100人くらいの方が私を指名してくれました。
私の登録していた店が、気に入らない場合チェンジ出来るシステムだったので、数人のお客さんから一目会った瞬間にチェンジをお願いされたことはありましたが、ホテルの中で怖い目に遭ったことなどは全然なく、おおむね紳士的な男性ばかりでした。

またデリヘルで働いています

家計が苦しくなってきて、手に職をもっているわけでももない普通の主婦だったので、高収入で空いている時間でできるデリヘルの求人を見て面接にいきました。
そこのデリヘルは、人妻や熟女専門店だったので、やや年齢の高い私でも働けることになり、講習を受けてから接客をしました。
最初は、ドキドキしましたが、お店の人が新人さんというのをいってくれていたので、お客様があれこれリードしてくれたのでよかったです。
平日の昼間だけなので、お客様がつくかどうか分からなかったのですが、意外と年配の男性客の方が多く、私でも若いと喜んでいただけました。
住宅ローンや子どもの教育費などもかかってきて大変だったので、収入がアップして家計が楽になったのもすごく助かっています。
普段の生活では、女性として扱われることはほとんどないですが、デリヘルでお仕事をしていると、女性として扱われるので、メイクやファッションにも気を使うのでキレイになったと思います。
お客様は、肌がきれいだと喜ぶので、エステでケアもたまにするようにしています。
リピーターのお客様もつき、どう接客したら喜ばれるかを考える余裕もでてきました。
私自身もプレイを楽しめるようになって、工夫をしたりしています。
あるお客様の前では、エッチな人妻、あるお客様の前では、優しいママにと若い女性には負けないようにお客様の要望や好みを憶えてプレイを楽しんでもらっています。
お客様に満足していただけるようにと努力の日々です。